西島悠也が福岡の町の憩いの場でもある銭湯を紹介

西島悠也|福岡の女性にオススメの銭湯

 

西島悠也

 

 

昔とは違い、今はどの家にも当たり前のように湯船のついた風呂が存在している。
一昔前まではそうではなく、風呂なしの家に住んでいる人も多くいたので、夕方になると石鹸とタオルを片手に銭湯に訪れる人の姿が当たり前のように街中に合ったのだ。

 

時代は変わり、銭湯の役割も少しずつ変わってきている。
日常的に人々のライフラインとして利用されてきた銭湯は、いまでは大きな湯船を楽しむというエンターテイメントとしての使われ方をされているのだ。

 

裸で他人と一緒の風呂に入るとなると、どうしても男性のほうが楽しめるように感じるが、近年では銭湯は女性にも人気なのだ。
ヨガやスパ、エステなど癒しを求めるエンターテイメントと同じように、銭湯も女性の癒しからくるニーズに合ったものなのだ。

 

最近では女性が入りやすいインテリアや雰囲気を施した銭湯もたくさんある。
これからのトレンドとなっていくだろう。